D-Con CF のクロスフェーダー連動について

D-Con CF のクロスフェーダー連動機能が見つけにくい、というご意見を、複数の方からいただきました。[F1]キーを押す、または、赤白いずれかのクロスフェーダーつまみをダブルクリックすることによりクロスフェーダーの連動/非連動が切り替わるのですが、これを見つけにくい理由を検討してみたところ、Windowsアプリケーションの「作法」として一つ至らぬ点があり、それが、この機能を見つけにくくしている理由の一つであるということに気づきました。
ダブルクリックはともかくとして、[F1]キーで連動/非連動が切り替わるということは、[F1]キーはWindows的な意味では「アクセラレーター」キーとして働いているわけです。だとすれば、メニュー項目の中にこれが無いのは、Windowsの作法としてやや不自然であるという点が反省点としてあげられました。[F1]がアクセラレーターとして機能している以上、たとえば、
[ツール(T)]メニューの中に
[クロスフェーダー連動切替  F1]
のような選択肢があるのが自然だし、もしそれがあれば、この機能はより見つけてもらいやすくなっていたはずだ、ということです。
今後のバージョンでは、このようなWindowsの「作法」にもより気を配りながら、開発を進めていきたいと思います。

セキュリティに関するお知らせ

D-Con Project は、Webサイトもアプリケーションもまだ出来たてのため、Symantec などのセキュリティ機関に信頼性が登録されていません。そのため、「D-Con CF」ダウンロード時にNortonなどのセキュリティソフトが警告を出すことがあります。

現在、Norton セーフウェブおよび Norton white-list に、信頼性の登録申請を行なっているところです。また、将来的にはアプリケーションのダウンロードはD-ConのWebサイトから直接ではなく、Vectorライブラリから行える形にしていくつもりです。

D-Con は、近いうちにセキュリティ機関によって必ず「安全」と保証されます。しかしそれまでは「疑わしい」あるいは「脅威」といった強い言葉での警告が出る可能性があります。

D-Con ソフトは安全です。しかし、どうしても不安な方は、セキュリティ機関による信頼性が保証されるまでお待ち下さい。最長でも二週間ほどで「安全」が保証されるものと予想しております。

どうぞよろしくお願いします。

Mac版は無いの?

Mac版について

D-Con ソフトウェアには残念ながらMac版はありません。D-Con Projectは、現在、Windowsの開発環境しか用意がありません。将来的に、MacOS用の開発環境と人材が整いましたら、Mac版も作成したいと考えておりますが、その時期はまったく未定です。あしからずご了承下さい。

D-Con CF (3段プリセット卓)

アプリケーション「D-Con CF」をご紹介します。「D-Con CF」は、一般的な3段プリセット卓を、ほぼそのままPC画面上に構築したものです。

DConCFcapt
舞台照明に普段から携わっている方なら、使い方の説明は不要でしょう。
DoctorMXが接続されていれば、この卓で操作する通りの信号が出力されます。
実際の現場でも使われることも意識して作られており、マウス一つで複数のチャンネルフェーダーを同時に操作する、クロスフェーダーをAB連結させて動かす、などの機能も備えています。もちろんパッチも可能です。
ぜひダウンロードしてお試し下さい。

 

D-Con Project スタートにあたって

D-Con(ディーコン) Project とは、kuwatec社のDoctorMX 専用の新しいソフトウェアを開発するプロジェクトです。現場の舞台照明家の視点から、DoctorMXのためのわかりやすくて使いやすいインターフェースのカタチを考えていきます。

「まず、一番わかりやすい形から始めよう」。

これが、D-Con Project の基本ポリシーです。では、「一番わかりやすい形」とは何でしょうか。現場で活躍する舞台照明家の皆さんにとって、もっともイメージを共有しやすく、しかしある程度の実用性を持つ形として、私たちは「3段プリセット卓」をその最初のモデルに選びました。

D-Con Project の最初のアプリケーションである「D-Con CF」は、一般的な3段プリセット卓をほぼそのままPC上に構築したものです。舞台照明に携わる方々には、使い方の説明はほとんど不要でしょう。D-Con CF をインストールし、触っていただくだけで、それが何をするものか、おわかりになると思います。

D-Con CFは、現場での実用としては必ずしも便利とは言えません。機能もまったく不十分です。コンピュータソフトなのに、シーンの記憶すらできません。しかし、あえてここで「3段プリセット」をご紹介する目的は、これから展開する D-Con Project の「出発点」を示すことにあります。

「D-Con CF 3段プリセット」は、このプロジェクトの成果物ではなく、これから長く続く道の、ほんのスタートラインなのです。

舞台照明を知っている人なら、何の説明もマニュアルも無しに、すぐに使うことができる。そのようなものを、最初に作ろうと考えました。そのために私たちが選んだのが「3段プリセット卓」です。

D-Con Project は、この3段プリセット卓の完成により、やっとスタートラインに立ちました。開発の道のりはこれからです。現場でご活躍なさっている舞台照明家の皆さんとともに、DoctorMXの「新しいカタチ」を見つけていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。