2017年を迎えて

あけましておめでとうございます。

このブログの前回の更新(書き込み)が昨年の正月の「年頭にあたり」でした。実に1年間、何も更新していませんでした。まことに申し訳ありません。ですが決して、このプロジェクトをやめてしまったわけではありません。気がつくと次々と他の仕事が舞い込んでしまって、なかなかこのプロジェクトを進める時間を作ることができないのです。

ただ、皆さんに新たに公開できるものは今のところ何もないのですが、しかし、手元ではほんの少しずつ、コードを書き進めています。現在行っているのは、公開済みの「D-Con SUB」の全機能をそのままに、さらにシーンメモリ機能を加えた、「D-Con SCN」(ディーコン・シーン)というバージョンの作成です。「D-Con SUB」の右側にシーン機能を加えた外観になる予定です。

今年中に「D-Con SCN」を公開できたらいいな、ぐらいの感じで進めようと思います。
どうぞ引き続き、気長にゆっくりと見守って下されば幸いです。
よろしくお願いします。

D-Con Project ディレクター
岩城 保

年頭にあたり

新しい年を迎えました。

ここでお詫びをしなければなりません。昨夏に「2015年内に何らかのリリースをする」とここに書いておきながら、それを果たせなかったことに対してです。申し訳ありません。昨年の8月から本業(舞台照明)がなんだかとても忙しくなってしまい、このプロジェクトを進める時間的余裕がなくなってしまったのがその理由です。単に時間が作れないだけで、プロジェクトそのものは進行できる状態にあります。おそらく今年の夏ぐらいには何らかのリリースをできるのではないかと、現時点では予想しておりますが、またいい加減な予定を発表してそれを守れなくなってはいけないので、あえて予定は書かないことにいたします。
ご期待を下さっている皆様に対しては、こんなご報告ばかりで本当に申し訳ありません。
どうか、どうか気長に見守って下さればと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

D-Con project ディレクター 岩城保

開発の進行状況について

更新がすっかり止まってしまい、申し訳ありません。

実はここ数ヶ月ほど、開発がやや行き詰まりの状況にありまして、ご報告できることがありませんでした。

昨年(ここにも書かせていただきましたが)Ethernetへの対応について、少し研究を試みました。しかし、開発条件やこのプロジェクトの目標自体も含めてじっくりと検討しました結果、いま新しいプロトコルの利用に挑戦するよりも、当初このプロジェクトを立ち上げた原点に戻り、「USB-DMXインターフェースボックスとしてのDoctorMX」のためのアプリケーション開発を、もう少し進めるべきだとの結論に至りました。

そして、D-Con SUB の動作改良について、かなり行き詰まっていたのですが、このところようやく少し光が見えてきました。「イベント検出」と「描画動作」と「出力動作」を整理し、もう一度アプリケーションを最初から組み立て直して、動作を改善させる見通しが出てきました。

次のアプリケーションは、おそらく今年中にリリース出来ると思います。まだ具体的にどこまで進めるかを決められていないので、次のリリースがどのようなものになるか、たとえば D-Con SUB の改訂版にとどまるのか、あるいは新アプリケーションになるか、まだわかりませんが、何らかのものはリリースする予定でおります。

遅々としたプロジェクトではありますが、引き続きよろしくお願いします。

現在の状況とEthernetについて

新年のご挨拶をして以来、何もご報告をせぬまま秋の気配となってしまいました。申し訳ありません。現在、D-Con SUB の動作改良をゆっくりと進めているところですが、その中で、「Art-Net への対応」というアイデアが浮上しております。

当初は DoctorMX ボックスの直接制御という形で始まったプロジェクトですが、昨今の舞台照明の情勢をかんがみると、Ethernet 信号、特にArt-Net への対応は、いずれ避けて通れないものと考えられます。そこで今の段階では、Kuwatec社のDoctorMXソフトの「Art-Net」機能を立ち上げておいて、同一PC上でD-Conを起動し、D-ConからArt-Net経由でDoctorMXへ信号を送るという形が実現できないか、検討を進めているところです。

引き続きよろしくお願いします。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

D-Con Project がスタートして一年がたちました。昨年は、「D-Con CF」と、「D-Con SUB」の二つのアプリケーションを発表させていただきました。

特に、8月に発表した「D-Con SUB」については、このプロジェクト最初の実用的なアプリケーションを目指して開発を進めてまいりました。しかし、不本意ながら特に動作速度の面で不十分なものとなり、正直なところ「実用的」とは言いがたいものとなってしまったことは否めないと思います。

このプロジェクト全体の着想や方向性は、決して間違っていないと自負していますが、最初の一年は、スタートダッシュが過ぎて、少し「あせり」があったのではないかと反省しております。

プロジェクト二年目となる今年は、もう少し落ち着いて、新しいリリースを出すことに必ずしもこだわらず、研究を中心にじっくりと開発を進めていきたいと思います。

プロジェクトとしての次のアプリケーションは、シーンメモリ付2段プリセット「D-Con SCENE(ディーコン・シーン)」になりますが、その前に、動作速度に難がある「D-Con SUB」の改訂版を開発する計画でおります。

午年が明けましたが、このプロジェクトは今年もカメのようにゆっくりとした歩みになろうかと思います。どうか今後とも D-Con Project を長い目で見守って下されば幸甚に存じます。

本年もよろしくお願いします。

D-Con Project ディレクター
岩城 保

セキュリティに関するお知らせ

D-Con Project は、Webサイトもアプリケーションもまだ出来たてのため、Symantec などのセキュリティ機関に信頼性が登録されていません。そのため、「D-Con CF」ダウンロード時にNortonなどのセキュリティソフトが警告を出すことがあります。

現在、Norton セーフウェブおよび Norton white-list に、信頼性の登録申請を行なっているところです。また、将来的にはアプリケーションのダウンロードはD-ConのWebサイトから直接ではなく、Vectorライブラリから行える形にしていくつもりです。

D-Con は、近いうちにセキュリティ機関によって必ず「安全」と保証されます。しかしそれまでは「疑わしい」あるいは「脅威」といった強い言葉での警告が出る可能性があります。

D-Con ソフトは安全です。しかし、どうしても不安な方は、セキュリティ機関による信頼性が保証されるまでお待ち下さい。最長でも二週間ほどで「安全」が保証されるものと予想しております。

どうぞよろしくお願いします。

Mac版は無いの?

Mac版について

D-Con ソフトウェアには残念ながらMac版はありません。D-Con Projectは、現在、Windowsの開発環境しか用意がありません。将来的に、MacOS用の開発環境と人材が整いましたら、Mac版も作成したいと考えておりますが、その時期はまったく未定です。あしからずご了承下さい。

D-Con Project スタートにあたって

D-Con(ディーコン) Project とは、kuwatec社のDoctorMX 専用の新しいソフトウェアを開発するプロジェクトです。現場の舞台照明家の視点から、DoctorMXのためのわかりやすくて使いやすいインターフェースのカタチを考えていきます。

「まず、一番わかりやすい形から始めよう」。

これが、D-Con Project の基本ポリシーです。では、「一番わかりやすい形」とは何でしょうか。現場で活躍する舞台照明家の皆さんにとって、もっともイメージを共有しやすく、しかしある程度の実用性を持つ形として、私たちは「3段プリセット卓」をその最初のモデルに選びました。

D-Con Project の最初のアプリケーションである「D-Con CF」は、一般的な3段プリセット卓をほぼそのままPC上に構築したものです。舞台照明に携わる方々には、使い方の説明はほとんど不要でしょう。D-Con CF をインストールし、触っていただくだけで、それが何をするものか、おわかりになると思います。

D-Con CFは、現場での実用としては必ずしも便利とは言えません。機能もまったく不十分です。コンピュータソフトなのに、シーンの記憶すらできません。しかし、あえてここで「3段プリセット」をご紹介する目的は、これから展開する D-Con Project の「出発点」を示すことにあります。

「D-Con CF 3段プリセット」は、このプロジェクトの成果物ではなく、これから長く続く道の、ほんのスタートラインなのです。

舞台照明を知っている人なら、何の説明もマニュアルも無しに、すぐに使うことができる。そのようなものを、最初に作ろうと考えました。そのために私たちが選んだのが「3段プリセット卓」です。

D-Con Project は、この3段プリセット卓の完成により、やっとスタートラインに立ちました。開発の道のりはこれからです。現場でご活躍なさっている舞台照明家の皆さんとともに、DoctorMXの「新しいカタチ」を見つけていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。