開発の進行状況について

更新がすっかり止まってしまい、申し訳ありません。

実はここ数ヶ月ほど、開発がやや行き詰まりの状況にありまして、ご報告できることがありませんでした。

昨年(ここにも書かせていただきましたが)Ethernetへの対応について、少し研究を試みました。しかし、開発条件やこのプロジェクトの目標自体も含めてじっくりと検討しました結果、いま新しいプロトコルの利用に挑戦するよりも、当初このプロジェクトを立ち上げた原点に戻り、「USB-DMXインターフェースボックスとしてのDoctorMX」のためのアプリケーション開発を、もう少し進めるべきだとの結論に至りました。

そして、D-Con SUB の動作改良について、かなり行き詰まっていたのですが、このところようやく少し光が見えてきました。「イベント検出」と「描画動作」と「出力動作」を整理し、もう一度アプリケーションを最初から組み立て直して、動作を改善させる見通しが出てきました。

次のアプリケーションは、おそらく今年中にリリース出来ると思います。まだ具体的にどこまで進めるかを決められていないので、次のリリースがどのようなものになるか、たとえば D-Con SUB の改訂版にとどまるのか、あるいは新アプリケーションになるか、まだわかりませんが、何らかのものはリリースする予定でおります。

遅々としたプロジェクトではありますが、引き続きよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です